2014年5月22日

ブログ一周年!!…………ってすっかり忘れてた。ついでにこの一年の感想

あれこれやったうちもうすっきり一年が経っていた。時間の流れって意外に速いもんだな……
って、一年足す10日のべきかな。正式的にブログ一周年となる日付は 2014年5月12日から。10日前はリアルのことに取り込み過ぎて、このこともすっかり忘れてた。

この一年を振り返って見ると、「クロスワールドの冒険者たち」自体は特に大した進展はない。進展があるだとしたら、それはおれ自身の文章力と描きスキル、それと個人スタイルを見つけ出して極めることかな。この一年間は、文章の書き方とイラストの描きについても、結構たくさんな個人勉強をやったから。まあ、どっちでもまだまだアマチュアだと自分は思うけど。

ちなみに勉強と言ったけど、全部独学なので、学校や塾もなく、先生や助言してくれる友だちもなく、ただ暇の時間を利用して色んなラノベを読んだり、様々な落書きを描いたり、またウェブを通して他人のアドバイスから知恵をもらうことによって、自ら経験を積んでいく。だから何十年の経験を積んでも、とてもプロフェッショナルとは言えない、せいぜいマニア程度でしかない。しかし、プロフェッショナル並みのマニアになりたいのは本望です。

このように様々な他人が書いたラノベや描いたイラストを見るたびに、オレは創作物について一つの大事なことを気付いた。――それは作家自身のスタイルを究(極)めること。
この世において、ベストな小説の書き方や、ベストなイラストの描き方なんで存在しない。十人十色なので、それぞれの創作物にはそれぞれの作者の個人スタイルがあり、そしてそれぞれのスタイルも得手と不得手があり、それぞれのスタイルも好きになる者と好きじゃないと思う者もいる。

小説において、複雑で専門な用語がたくさん入れたガンダムシリーズの小説、豪奢でなお洗練された描写をするファイナルファンタジーXIIIの公式小説、日常シーンでは間抜けさと面白さを強調するフルメタル・パニックのラノベ、こってりしたキャラ対話を頼ってストーリーを動かせるソードアート・オンラインなど。それぞれの作者にはそれぞれ違った文体はある。しかしそれに関わらず、どれもこれも同じく物語をうまく書き出して、文字に通してうまく読者の脳内にその世界観を編み出す。
同じくイラストにおいても、CLAMPの流麗なキャライラストでも、杉森健のSD風みたいなシンプルな人物絵でも、鳥山明の漢気が際立つキャラ絵でも、目が大きいテンプレの少女漫画のスタイルでも、どれもこれも「これ美しい!」と「これダサい~」を言う人がいる。どちらがベストとは言えない。

ゆえに、創作において最も大事なのは、作者自分が一番落ち着いたスタイルを見つけること。ほかの誰かのスタイルが好きだからと言って、無理にコピーする必要はない。特に自分がまだそんなレベルに到達していないのに無理に真似すると、かなり苦労するようになる。

この一年の創作物について勉強する最初のころ、オレもただ物真似するみたいに他人の小説文体や描きスタイルをコピーしてみた。スキルはコピーできても、スタイルはそう簡単なものじゃない。だからぎこちなくと言うか、難しいと言うか、とにかく自分は他人のようにうまくないと思っていました。だから、他人のスタイルなんで今はもうどうでもいい、自分が快適と思う自分のやり方で小説を書くやイラストを描くのが一番だと思う、その方こそ自分が一番落ち着くだから。



あと、少しだけの蛇足です。この一年間において、スパムと自分からの閲覧数を除けば、2900以上の閲覧数がありました。……まだ何もないのブログなのに。
次の一年間は、よりたくさんなブログ文章をアップできますように。……って、これはオレ自分の問題ですけど。

2014年4月19日

妄想が止まらない

最近頭の中がごちゃごちゃで、思考が一つにまとまらないんだ。そのせいで、小説の原稿がすぐ目の前にいても、一文字も書けなく、ボーッとした状態でパソコンの画面を見つめながら、あっという間に数時間が経過した。

第2章を終わりたいの気持ちもあるけど、しかし第2章の原稿とほかに必要とする資料もすでに用意されていて、現在パソコンの画面に表示し出しているでも、頭の中はどうしても第2章のことを考えられないんだ。まあ、考えてるものは同じく「クロスワールドの冒険者たち」の物語だけど、しかしそれはず――――っと先の章節の話、それと設定資料や、オマケの話、前編や後編、あと絶対公表しないの個人的な妄想話。あれこれ考えてると、第2章がまるですでに終わった感じて、振り返って書く気持ちがなくなってる。

第2章が実際書き終わっていないと言うのに、頭の中でどことなくすでに終わったこととささやいている。そのせいでオレは書きたいの気持ちが湧いて来なく、かわりに次やその先の章を書きたいと思っている。しかしなあ、第2章が実際的に終わらせないと、先の章を書くこともできなく、それが現状と矛盾してて、オレは時間を無駄遣いしてる。

最悪だ、これは。作家障壁(Writer's block)とでも呼ばれてるらしいが、どうやら今のオレはそんな状態にいるらしい。でもおかしくに、第2章だけが障壁に突き当たっていて、第2章以外の文章を書くと、ちゃくちゃくと書き出せるというのに。

しかし、次にアップするべきものは第2章以外にほかにないから、ほかの章節をすでに書き終わったとしても、すぐにアップするつもりはない。おそらくオレはまたブログを1~2ヶ月間空くことになると思う。本当に申し訳ございませんが、もう少し我慢していただけると大変うれしいでございます。

2014年2月23日

変な夢を見た……督促なのかな?

昨日の夜一つの夢を見ました。まあ、内容からにして変な夢とは言えない、実際結構普通だった。ただし、ものすごく気になる。

2014年2月1日

キャラクター 風井 敦


キャラクター情報:
名前: 風井 敦(かざい あつし)
性別: 男
年齢: 15歳
誕生日: 1月26日
身長: 1.62 m
体重: 65.20 kg
出身地: シンオウ地方、コトブキシティ
趣味: あらゆる暇つぶしできるのこと
特長: 体力
好きなもの: 冒険
嫌いなもの: 縛られること、強制されること


キャラクター概要:
この小説「クロスワールドの冒険者たち」本篇の主人公。自由気ままに世界を旅回る一人のポケモントレーナー。フランクと気楽な性格で、時にはふざけたというほどだが、中身は健気と情の厚い人間で、困ってるものと苦しんでいるものあると自分の精一杯の力で助けに行く。気になることがあるとすぐ勝手に軽はずみに突っ走るが、でも自分は何をやっているのかをよく理解していて、危険の中にいても情に流されることはなく慎重に動く。だが必要だと判断したら、派手と大胆な行動を取ることも辞さないほど、行動力がありすぎ。いつもそうやって興味を持ったことへ突っ込むため、元々自分と関係なかったことに巻き込まれるのはよくある。かわいい女の子を見るとついつい鼻の下が伸ばしてしまう、かわいい女の子の頼みなら絶対断わらない浮気と気軽。物事を強制的に押し付けられることが一番大嫌い、そのために押しが強いレイとしばしば喧嘩する。

敦がポケモントレーナーとなった理由は実はとてもあきれるほど単なる気まぐれだったらしい。でもそんな気まぐれな人間とは言え、トレーナーとしてのスキルと素質は本物。特にポケモンの技を戦略的に有効に利用するやコンボすることが得意、テクニックやスキルを重んじる巧みな戦い方が好む。手持ちポケモンもそれに応じて使える技がバラエティに富んでいる。育ったポケモンの実力に関してそれぞれ本質的な戦闘特長を特化して、生まれ付いた戦闘習性を最大限まで発揮させるためそれぞれにとって最もふさわしいの戦術を教える。ちなみにストーリー始まる前に、敦はすでにシンオウ地方のポケモンリーグを優勝した経験がある。そしてそんな敦のトレーナーの素質を見込んで、彼がトレーナーになった間もなくポケモン研究者にポケモン図鑑を授けられた。

本編ストーリーの始まりの前に全国の旅をしている最中にある。突然のネットワーク異常の事故に巻き込まれて、知らないうちにデジタルワールドに来てしまった。でも本人はそのことをまったく気にしていなく、その逆に見知らないの場所へ来たことですごくワクワクして、デジタルワールドを探検しようとした。でもレイの個人用事で一緒に同行してるため、勝手な個人行動は残念ながら許されなかった。

ちなみに敦という名前は「正直と人情が厚い」の意味が込めてる。

2013年12月23日

メリークリスマス!

またもや年に一度の盛大なホリデータイムがキタ――ッ!まあ、毎年のクリスマスはオレの家にとってあんまり大したものではなく、ただ家に引きこもりながら短い休みを取る。でも今年はオレ個人にとってかなり深い意味があるクリスマスとなるだろ。

まずは一つ。クリスマスプレゼントは今までと違うくらい高価なもので、そしてオレがずっと欲しがってたものだ。そのプレゼントはなんと――――ワコム製のペイントタブレット!!Intuos Proで380mm x 252mm、でっかいと言う訳ではないが、でも今年の最新型(らしい……。まあ、買ったのはオレじゃないから、詳しいのはよく分からない)。これでずっとやってみたいのイラスト創作はさくさく進める……かもしれない。とまあ、ペイントタブレットは所詮作画を便利にするのツールでしかないので、結局もっとも重要なのは自分の描きスキル。アマチュアレベルとは思ってないが、でもプロフェッショナルとはまだほど遠い。描きの経験がまだまだ足りないからなあ……

次の二つ。今年のクリスマスは、おそらくオレにとって最後の休みとなる。仕事を探さなければならない状態になったから、このクリスマスが過ぎたあと、オレは多分ものすごく忙しくなるだろ。趣味の二次創作の更新スピードは、多分今以上に遅く、あるいは完全におろそかにするかもしれない。それだけが死んでも嫌だな。だからここはやっぱり、寝る時間を減らすか、あるいは忙中の閑を有効的に使うか。あーあっ、考えるだけで気がめいるよ……

そして三つ。近いうちに、とにかく一年内で、オレは一人で別の町へ引越す予定がある。ここから先の数年の間、オレはおそらく家族と一緒にクリスマスを過ごせなくなる。だから今年のクリスマスは、オレにとって送別会のようなものなんだ。まあ、両親はそんなことを思ってないし、そしてそのつもりはない。でもオレはどうしてもそう思えるようにならざるを得なかった。その引っ越し予定はプレッシャーが高く、最近はストレスが高いんだ。どうしよものか……はあ……(-_-)~~€

なんだか、 祝日の喜び気分より、命日の暗い雰囲気へ変わったみたい。いや、別に祝日を台無しにするつもりはない、苦情をこぼすつもりもない。ただ、今年のクリスマスはオレにとってものすごく重要なんだから、その大事さを忘れないようにこうしてブログを書いてるんだ。そして大事だからこそ、オレは今年のクリスマスの時間を大切に使うだろ。

それではみなさんも、年に一度のクリスマスタイムを大切するように、そして楽しく過ごせるように。

メリークリスマス!!

2013年11月23日

クビだ…………そして今は求職中

オレは無理やり今の職業状態から蹴り落とされて、新しい仕事を探すと両親に急き立てられてる。めんどくせぇなあ……

今の職業状態?給料はほとんどないけど、でもとてつもなく自由な職業で、オレは誇りをもっている。すなわち――――自宅警備員(キリッ)!!

他人の目から見ればこれは色んな意味で最悪の職業のは分かってる、でもやったら結構はまりやすい職業だ。まずこれは自営業の職業で、雇い主は自分自身、そのため勤務時間は自由で、嫌だったらいつでも休暇を取ってもいい。そして給料を払うのは自分と一番身近な人間、普段の場合は自分の親。んで、家の財務が厳しいなら給料はもちろん厳しくなる。

でもオレが自宅警備員からクビにされたのは別に給料の支払いに関与する法人が財務に問題があったわけじゃない。なんというか、その職場はもう警備員が必要ないって。まあ、簡単に言って、もう与えられる仕事はないから、オレは人事的に解雇されたわけだ。

残念ながら、自宅警備員という仕事は人生に二度はないのめずらしい職業で、オレは新しい職業を探さなければならない。自宅警備員ほど自由な職業はこの世にはないのことは分かってる、でもせめて次の職業は勤務時間がそれほど厳しいではないとお願いしたいんだ。じゃないとオレの命より大事な「クロスワールドの冒険者たち」はいつになっても終わらないままなんだ……それだけは嫌だよ~~

しょうがない。できるだけ時間をもっと有効に使うことを学ぶしかない。人生の時間は無駄にするべきではないからな。それくらいのことは自分でもよく分かる。
なんか、オレのような人間が人生の理論について語ると説得力がないなあ。自分で言うのもなんですけど…………

2013年9月8日

オレ個人的な良い知らせと悪い知らせ

今年の八月はブログ一回も更新していない。ブログを経営する以上、たとえオレのブログを読み読者がないとしても、定期的に更新することは義務であることは自分でも分かる。だからネタをいつまでも完成しない自分はなんだか悪いことをした気分だ。なくなったネタを早くし直すつもりだと本当の本気と思ってるけど、やっぱ人生はそう簡単に思った計画通りにはならないな。

オレはパソコンの前でモニターを見つめながら話を考えることが慣れてる、だから移動できるノートパソコンがなくてかなり面倒だと自分は思ってた。時にメモ帳で突然ひらめいた要点を書きとめることはあるけど、でもその方法で思い付いたものを今やってる文章に入れてもなぜが文法的やキャラクター的にスムーズに感じない、ほとんど没アイディアになる。オレ的にやっぱ書いている章節と以前完成した章節を見ながら考えないと効率が上がらないな(まあ、オレの小説を書くペースは元々効率が良いことは思ってない)。書くスピードを速くなるように自分はがんばっています。

それで、オレにとって良いことに、三日後オレはやっと新しいモバイルパソコンを手に入れる!誰かさんを頼んでCPU以外のパーツを全部変えて、このパソコンは市場では売れないくらい実力は非常に強い。市場に売れるだとしても、新品の値段ではおそらく300,000円くらいに値する。まあ、今はもう使ったことがある中古品だから、100,000円に値するかどうかは分からないが、それでも同値段の新品より強い。早く本物を見てみたいな~

だけど新しいパソコンを手に入ったとしても、直ちに小説を更新できると言う訳でもない。特に現在リアルの生活もやや面倒になって来たし、オレはいつになったら「クロスワールドの冒険者たち」を完成できるだろ?

いや、文句とか言い訳も言いつもりもないけど、だってこれはオレ自分が始まった物語だし、始まったら完成するのは作者はとしての義務でもある。それがたとえ十数年をかかっても、絶対完成してみせる!