2013年11月23日

クビだ…………そして今は求職中

オレは無理やり今の職業状態から蹴り落とされて、新しい仕事を探すと両親に急き立てられてる。めんどくせぇなあ……

今の職業状態?給料はほとんどないけど、でもとてつもなく自由な職業で、オレは誇りをもっている。すなわち――――自宅警備員(キリッ)!!

他人の目から見ればこれは色んな意味で最悪の職業のは分かってる、でもやったら結構はまりやすい職業だ。まずこれは自営業の職業で、雇い主は自分自身、そのため勤務時間は自由で、嫌だったらいつでも休暇を取ってもいい。そして給料を払うのは自分と一番身近な人間、普段の場合は自分の親。んで、家の財務が厳しいなら給料はもちろん厳しくなる。

でもオレが自宅警備員からクビにされたのは別に給料の支払いに関与する法人が財務に問題があったわけじゃない。なんというか、その職場はもう警備員が必要ないって。まあ、簡単に言って、もう与えられる仕事はないから、オレは人事的に解雇されたわけだ。

残念ながら、自宅警備員という仕事は人生に二度はないのめずらしい職業で、オレは新しい職業を探さなければならない。自宅警備員ほど自由な職業はこの世にはないのことは分かってる、でもせめて次の職業は勤務時間がそれほど厳しいではないとお願いしたいんだ。じゃないとオレの命より大事な「クロスワールドの冒険者たち」はいつになっても終わらないままなんだ……それだけは嫌だよ~~

しょうがない。できるだけ時間をもっと有効に使うことを学ぶしかない。人生の時間は無駄にするべきではないからな。それくらいのことは自分でもよく分かる。
なんか、オレのような人間が人生の理論について語ると説得力がないなあ。自分で言うのもなんですけど…………

0 件のコメント:

コメントを投稿