2014年2月1日

キャラクター 風井 敦


キャラクター情報:
名前: 風井 敦(かざい あつし)
性別: 男
年齢: 15歳
誕生日: 1月26日
身長: 1.62 m
体重: 65.20 kg
出身地: シンオウ地方、コトブキシティ
趣味: あらゆる暇つぶしできるのこと
特長: 体力
好きなもの: 冒険
嫌いなもの: 縛られること、強制されること


キャラクター概要:
この小説「クロスワールドの冒険者たち」本篇の主人公。自由気ままに世界を旅回る一人のポケモントレーナー。フランクと気楽な性格で、時にはふざけたというほどだが、中身は健気と情の厚い人間で、困ってるものと苦しんでいるものあると自分の精一杯の力で助けに行く。気になることがあるとすぐ勝手に軽はずみに突っ走るが、でも自分は何をやっているのかをよく理解していて、危険の中にいても情に流されることはなく慎重に動く。だが必要だと判断したら、派手と大胆な行動を取ることも辞さないほど、行動力がありすぎ。いつもそうやって興味を持ったことへ突っ込むため、元々自分と関係なかったことに巻き込まれるのはよくある。かわいい女の子を見るとついつい鼻の下が伸ばしてしまう、かわいい女の子の頼みなら絶対断わらない浮気と気軽。物事を強制的に押し付けられることが一番大嫌い、そのために押しが強いレイとしばしば喧嘩する。

敦がポケモントレーナーとなった理由は実はとてもあきれるほど単なる気まぐれだったらしい。でもそんな気まぐれな人間とは言え、トレーナーとしてのスキルと素質は本物。特にポケモンの技を戦略的に有効に利用するやコンボすることが得意、テクニックやスキルを重んじる巧みな戦い方が好む。手持ちポケモンもそれに応じて使える技がバラエティに富んでいる。育ったポケモンの実力に関してそれぞれ本質的な戦闘特長を特化して、生まれ付いた戦闘習性を最大限まで発揮させるためそれぞれにとって最もふさわしいの戦術を教える。ちなみにストーリー始まる前に、敦はすでにシンオウ地方のポケモンリーグを優勝した経験がある。そしてそんな敦のトレーナーの素質を見込んで、彼がトレーナーになった間もなくポケモン研究者にポケモン図鑑を授けられた。

本編ストーリーの始まりの前に全国の旅をしている最中にある。突然のネットワーク異常の事故に巻き込まれて、知らないうちにデジタルワールドに来てしまった。でも本人はそのことをまったく気にしていなく、その逆に見知らないの場所へ来たことですごくワクワクして、デジタルワールドを探検しようとした。でもレイの個人用事で一緒に同行してるため、勝手な個人行動は残念ながら許されなかった。

ちなみに敦という名前は「正直と人情が厚い」の意味が込めてる。


キャラクター製作コメント:
元から「クロスワールドの冒険者たち」をどのオフィシャルポケモンやデジモン作品にも直接のつながりがないのオリジナルクロスオーバー作品にするつもりだったため、ポケモンとデジモン以外のキャラクターは断じてオフィシャルの作品からぱくることができない。だから人間キャラはすべてオリジナルキャラクターであり、そしてこのストーリーの主人公、風井敦はオレが作った最初のオリキャラである。

オリジナルとはいえ、実は色んなポケモンとデジモン作品の主人公たちを参考したんだ。雰囲気や顔立ちから見ると、ポケスペのレッドやゴールド、ポケモンアニメのサトシ、ポケモンBWの男主人公(トウヤ)、デジモンアドベンチャーの太一、デジモンアドベンチャー02の大輔、デジモンフロンティアの拓也など、色んなキャラが混ざり合ったようなデザインである。とはいって、これは単なる合体ではない。それぞれのオフィシャル作品の主人公キャラから最も重要と顕著な要素を参考して、そしてストーリー自身の必要性から考えて、ゼロから作った。

「クロスワールドの冒険者たち」はポケモンとデジモンのクロスオーバーだから、ポケモンシリーズの主人公たちが不可欠と思われた帽子と、デジモンシリーズの主人公たちがお決まりみたいの飾りのゴーグルも、敦につけさせた。そして冒険物語が必要としてた旅になれる、簡単にパニックに落ちない性格を考えて、今の敦になったって訳だ。一言にまとめると、よく言えば一般的の健気な少年漫画主人公、悪く言えばいい加減な無鉄砲バカにすぎない。(作者である自分というのもなんですけどね……)


自己紹介:
おう!おれが「クロスワールドの冒険者たち」の主人公の風井敦だ!みなさん、よろしくな!
へっ?自己紹介が普通すぎる?んーと、じゃあ出身地はシンオウ地方のコトブキシティで、11歳でポケモントレーナーを始まって、そしてトレーナーを始めてから一年後自分の住む地方を初めて長い旅をして、自分の実力試しにシンオウ地方のポケモンリーグを参加した。でもまさか優勝したとは自分でも思ってなかった。
へっ?これも普通すぎる?って、上のキャラクター概要でもうおれの資料がほとんど書いてあるじゃないか。これじゃあ自己紹介する意味がないじゃねえか。
ええーと、ポケモントレーナーになった理由?いいや、本当に上で書いてあるように、単なる気まぐれだったよ。おれが住んでいたコトブキシティにはでっかいテレビステーションがあって、全国の番組が見える。そのうえグローバル・トレード・ステーションもあって、全国のポケモントレーナーと交流できる。おれはテレビを通して色んな場所と色んなトレーナーの間のポケモンバトルを見て、そしてよくGTSに訪れる全国のトレーナーと交流するうち、おれもなんとなくポケモントレーナーになりたいと思うようになった。いや、よくある話じゃない?他人のやっていることを見ていると自分もやりたいと思うようになる。だから、本当に大したことはないんだ。普通にポケモントレーナーをやってみたいと思ってたどこにもある普通のトレーナーの一人なんだ。
へっ?なんでこんな普通すぎるやつが主人公?って、普通すぎるって悪かったな!おれだって別に好きこのんでこんな設定に定着した訳じゃねえ!主人公のおれよりレイの設定がよりドラマチックで、この扱いの差は一体なんなんだ!?

0 件のコメント:

コメントを投稿