2014年4月19日

妄想が止まらない

最近頭の中がごちゃごちゃで、思考が一つにまとまらないんだ。そのせいで、小説の原稿がすぐ目の前にいても、一文字も書けなく、ボーッとした状態でパソコンの画面を見つめながら、あっという間に数時間が経過した。

第2章を終わりたいの気持ちもあるけど、しかし第2章の原稿とほかに必要とする資料もすでに用意されていて、現在パソコンの画面に表示し出しているでも、頭の中はどうしても第2章のことを考えられないんだ。まあ、考えてるものは同じく「クロスワールドの冒険者たち」の物語だけど、しかしそれはず――――っと先の章節の話、それと設定資料や、オマケの話、前編や後編、あと絶対公表しないの個人的な妄想話。あれこれ考えてると、第2章がまるですでに終わった感じて、振り返って書く気持ちがなくなってる。

第2章が実際書き終わっていないと言うのに、頭の中でどことなくすでに終わったこととささやいている。そのせいでオレは書きたいの気持ちが湧いて来なく、かわりに次やその先の章を書きたいと思っている。しかしなあ、第2章が実際的に終わらせないと、先の章を書くこともできなく、それが現状と矛盾してて、オレは時間を無駄遣いしてる。

最悪だ、これは。作家障壁(Writer's block)とでも呼ばれてるらしいが、どうやら今のオレはそんな状態にいるらしい。でもおかしくに、第2章だけが障壁に突き当たっていて、第2章以外の文章を書くと、ちゃくちゃくと書き出せるというのに。

しかし、次にアップするべきものは第2章以外にほかにないから、ほかの章節をすでに書き終わったとしても、すぐにアップするつもりはない。おそらくオレはまたブログを1~2ヶ月間空くことになると思う。本当に申し訳ございませんが、もう少し我慢していただけると大変うれしいでございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿